鶴岡市/酒田市/三川町/庄内町 新築・リノベーション・リフォーム

EMセルロースファイバー〈断熱材〉

木のぬくもりで家をまもる
断熱をデザインするセルロースファイバー(木質繊維断熱材)

隙間があると
温かい空気は外へ逃げる!?

筋交いやコンセントの部分に大量の隙間ができていて、これが原因で結露ができ、断熱不良はもちろん、カビ発生の原因になってしてしまいます。

たとえば、車の中のように高気密な状態で暖房をつけます。換気のために窓を少し開けたとたん、冷たい空気が入り込んで、あっという間に冷えてしまいます。温かい空気は密度が軽く、冷たい空気は密度が重いので、温かい空気は外に逃げてしまうのです。 
家の壁の内側にも同じ事が起こります。
断熱は、種類の選定だけでなく、隙間なく充填することが大切なのです。

縁側から知る断熱 日本家屋の秘密

湿気対策を怠ったため、壁や床にカビが発生したり、吸放湿性のない断熱材に湿気や結露が溜まり、カビを発生させ家や家族の健康にも害を及ぼします。

日本の家屋には、日本の気候に適した建材選びが大切です。古くより日本家屋に見られる縁側や廊下は、家屋の構造から断熱性を求めたものです。夏場は雨戸や障子を閉め、部屋の外側に閉めきった空間を作ることで、空気の断熱材を生み出しています。

昔の人々は、一年を通じて湿気の多い日本の気候をよく知り、それに沿った断熱方法を生み出していました。湿気を逃がし、快適な空間を生み出す、日本の気候に適した断熱材は、吸放湿性のあるセルロースファイバーです。

住まいのこんな悩みにおすすめ!

セルロースファイバーってどんな断熱材?

セルロースファイバーの優れた性能

断熱性能・・・・セルロースファイバーは天然の木質繊維です。木の繊維は、たくさんの空気を内包しています。空気は最大の断熱材で、これがセルロースファイバーの断熱性能を生み出しています。

吸音・遮断性能・・・・セルロースファイバーは、繊維ひとつひとつに空気を含んでいて、この厚い空気の層が、を吸収し、伝えにくくする性質を持っています。

防カビ・防虫性能・・・・セルロースファイバーには、ホウ酸が添加されています。殺菌剤や殺虫剤として使用されるホウ酸ですが、その毒性は低く、人体への蓄積・残留はほとんどありません。

耐火性能・・・・セルロースファイバーはホウ酸を添加することにより、難燃性で、延焼しにくい断熱材です。また、燃えても有毒なガスを発生しません。

結露防止性能・・・・断熱材に小さな隙間があると、その部分だけ冷やされたり暖められたりします。この室内との温度差が、結露の原因。セルロースファイバーは隙間なくせこうすることはもちろん、セルロースが透湿性・吸放湿性を持つ、結露にとても強い断熱材です。

吸放湿性能・・・・セルロースファイバーの最大の特長は、木質繊維が持つ吸放湿性です。換気やエアコンに頼らなくていい、快適な室内環境をつくりだすには、この吸放湿性がとても重要なのです。

エコロジー・・・・セルロースファイバーは、グラスウールやロックウールなどの鉱物系繊維に比べて、生産時の製造エネルギーがかかりません。環境にやさしい、エコな断熱材です。

断熱材の燃焼実験
ロハスリフォーム
自然素材
事例紹介
タイトルとURLをコピーしました