鶴岡市/酒田市/三川町/庄内町 新築・リノベーション・リフォーム

EM床下ドライ〈床下調湿材〉

珪藻頁岩と消石灰を混合した、自然素材100%の安心で安全な床下調湿材。
住む人のことを考えたら、「家の健康」にたどりつきました。

こんな方におすすめです

EM床下ドライ 5つの特徴

1.調湿効果〉
自発的に呼吸する半永久的調湿機能

調湿効果は備長炭や竹炭の約4〜6倍

○吸放湿性に最も優れた稚内層珪藻頁岩を使用
○備長炭や竹炭の約4〜6倍の吸湿性
○湿度が40%以下になると湿気を放出する自発呼吸効果
○床下を適度な湿度にすることで、カビ・シロアリ・腐朽菌の繁殖を抑制

高い吸放湿性能の秘密
稚内層珪藻頁岩は、他の産地で採取される珪藻土の約4〜5倍の比表面積と細孔容積があります。
細孔径は、毛細管凝縮現象の起きる20Åから70Åが多く、この毛細管凝縮によって、細孔がより多くの水蒸気を蓄えることができます。
※1Å(オングストローム)=1/100億m=0.1nm(ナノメートル)

〈2.消臭効果〉
床下の悪臭や有害成分を吸着・脱臭

ニオイの原因アンモニアを強力に脱臭

○VOC(揮発性有機化合物)や悪臭成分を吸着し、優れた消臭効果を発揮

珪藻頁岩の消臭効果
ニオイの元となるアンモニアなど、成分のほとんどは水溶性の分子に付着しています。珪藻頁岩は、湿気を吸い取ると共に、これらのニオイの分子や化学物質なども吸着します。水溶性の分子が、毛細管凝縮によってできた凝縮水に溶け込むためです。

〈3.防カビ効果〉
アレルギーや喘息の一因でもあるカビを抑制

アレルギーや喘息の一因 カビを抑制

○アルカリ作用でカビの繁殖を防ぐ
○アレルギーの一因であるホルムアルデヒドを吸着分解
○カビを抑制し、ダニの繁殖も抑制

消石灰とは
古くから消毒剤のひとつとして使用され、農林水産省令「家畜伝染病予防法」で指定されています。
アルカリ作用によってウイルスの被膜タンパク質を融解させるか、ウイルスの感染力を低下させることができるといわれ、ウイルス感染症の予防対策として病院などに用いられています。

〈4.防蟻効果〉
床下をまもる防蟻・防虫効果

殺虫剤を使わないシロアリ対策

○湿気を除去し、虫の住みにくい環境にすることで、床下に害虫を寄せ付けない
○半永久的に効果が継続するため、殺虫剤のように再散布が不要
○薬剤未使用で、家はもちろん人と環境にも安心・安全

なぜシロアリに効くの?
シロアリは、湿気の多いじめじめした場所に生息しています。
珪藻頁岩によって湿気を吸収した床下は、シロアリにとって非常に棲みにくい環境になります。
殺虫剤などの薬剤は、効果がなくなると再度散布が必要で、人への害も心配ですが、珪藻頁岩は天然素材100%でしかも半永久的に効果が継続します。

※シロアリ対策には、粒子が細かい(0〜2.5mm)の「EM床下ドライS」タイプがおすすめです。

〈5.自然素材〉
稚内層珪藻頁岩と消石灰のみ使用

薬品や化学物質未使用の自然素材100%

○未焼成の北海道稚内層珪藻頁岩使用
○特殊製法の消石灰を配合
※高温で真っ白になるまで焼いたものとは違い、粒子が細かくなりすぎず、珪藻頁岩の細孔を塞ぐことがありません。珪藻頁岩の優れた吸放湿性能をできるだけ活かすため、特殊製法で生成されています。

住む人と家のことを考えて、自然素材だけでつくりました。
「EM床下ドライ」は、未焼成の稚内層珪藻頁岩と、消石灰のみを使用。有害な化学物質や薬剤などは一切含まず、自然素材100%で作られています。自然素材にこだわり、人と環境と家に優しい、安心・安全の床下調湿材です。

ロハスリフォーム
自然素材
事例紹介
タイトルとURLをコピーしました