鶴岡市/酒田市/三川町/庄内町 新築・リノベーション・リフォーム

内覧会を終えて

こんにちは!

4月17日・18日の新築二世帯住宅完成見学会、多くの皆様のご来場本当にありがとうございました🏡

今回は、4月17日・18日の内覧会を終えて、運営に関わった社員から当日までの様子、当日の様子などの話を伺いました。

インタビュー形式でご紹介したいと思います🎤

まずは、内覧会をどのように迎えたのか?を聞いてみました♪

「週間天気予報で天気が不安だったため、誘導看板、テント、上り、お客様の足元の心配をして当日を迎えました。」

「予約制ともあって集客が一番心配でした。まして、鶴岡市内から遠方でもあり、天気も心配でした」

「当日まではコロナの対策、感染予防対策をして準備にあたりましたが、多くの方にご来場いただけるか、心配がありました」

と、このように事前の天気予報では2日間とも雨☔天気を心配する声が多くみられました。

また、会場までの案内をどのように行うのか、感染対策をどれだけできるか、集客が見込めるのか、様々な不安の声がありました。

しかし一方で、それに対してどう対応していくかを考え、社員一同で準備にあたりました。

では、当日の様子はどのようなものだったのでしょうか?

「完全予約制ということで、予約特典の『みどころシート』を差し上げたところ、喜んでいただけました。」

「どうやって建てられたのかというところの説明がしっかりとできたこともよかったと思います。」

「リフォームではなく新築でご検討されているお客様と直接お話しでき大変勉強になりました。」

「二世帯住宅ということで玄関が二つあったり、水廻りも二つあるという特徴をお知らせできました。」

「接客させていただいたお客様が二世帯で暮らしているお客様で、いろいろな方面の悩みを抱えているお客様で、そういった方に実際のイメージをご提供できたことがよかったと思います。」

「最高のご案内チラシとスタッフ個々の想いで目標に限りなく近い来場があったこと、本当にほっとしております。施主様の想いを詰め込んだお宅、数多くのプロたちが造り上げた建物に最大限のアピールをして、次回は庄内一番の内覧会にしたいと思います。」

開催前は様々な不安がありましたが、2日間で沢山のお客様にご来場いただきました。

完成した住宅をお見せするだけでなく、社員がお客様と接することで、疑問点やお悩みを丁寧にお聞きし、ご提案することができたこと、完成までの流れや様子など、担当した社員にしかわからないことなどをしっかりとお客様に伝えられたことを実感できた社員の声が多くありました。

私も当日会場でお客様と接する機会があり、悪天候の中ご来場いただいたお客様の住まいに関する思いの強さ、重さを感じることができました。私が作成した資料を手にとって読んでいただけたことも嬉しかったですし、更によりよい仕事をしてお客様に喜んでいただきたいと思いました。

アクアプラスは社員一同で皆様の住まいの思いをカタチにすべくこれからも頑張って参ります!

                                                       広報企画 梶原崇宏

タイトルとURLをコピーしました