Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/xs575466/aquaplus-reform.com/public_html/wp-content/plugins/wc-gallery/includes/functions.php on line 758

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/xs575466/aquaplus-reform.com/public_html/wp-content/plugins/wc-gallery/includes/functions.php on line 759

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/xs575466/aquaplus-reform.com/public_html/wp-content/plugins/wc-gallery/includes/functions.php on line 760

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/xs575466/aquaplus-reform.com/public_html/wp-content/plugins/wc-gallery/includes/functions.php on line 761
「高倉健、その愛。」を読んで | アクアプラス

「僕のこと、書き残してね。僕のこと一番知っているの、貴(たか)だから」
えっ、 これって本当に高倉健の言葉? すごく驚きました。

この手記を書いたのは、孤高の映画俳優・高倉健が最後の17年をともにしてきた女性、本名・小田貴さん。
2014年11月高倉健が亡くなる2か月前に書き遺してくれた次の言葉が、執筆にあたり「勇気を出せ!」と彼女の背中を押します。

『僕の人生で一番嬉しかったのは貴と出逢ったこと。 小田剛一(高倉健の本名)』

・・・涙が出ました。
自分を知ってくれて支えてくれる一人の人が傍に居る。
人生において、これほど幸せなことはないかもしれません。

天真爛漫で、ガラスの心をあわせもつ天邪鬼(あまのじゃく)な少年。
寡黙で饒舌。
「早いのが嬉しいのよ」が口癖。
無口だが、ただそこに居るだけで凄い存在感を放つ男。
撮影の何時間も前に現場に入り、自分の撮影でない時でさえずっと立ったまま。

生命を削るような壮絶な撮影現場。
あこがれの高倉健は、仕事・生きざまをとおして誰もの心にすっと入り、観るものに感動と力を注いでくれます。

「全力で生きていないと見えない風景がある」とは彼の言葉。
反骨精神とプロフェッショナル、一つ一つに魂を重ねる努力、執念には感服します。

男の生きる姿勢、仕事をする姿勢をおしえられた感動の一書に癒されました。

著者:小田貴月
発行:文藝春秋

▼アクアプラス社長日記BLOG バックナンバー▼

アクアプラス社長日記BLOG
山形県鶴岡市にある住まいのリフォーム・オール電化・水まわりの修理まで専門に行っている株式会社アクアプラスの社長ブログです。 日々の日記からお客様の声まで様々な内容を日々綴っています。